オペラシティーリサイタル、終演後に山口お住まいの方に「劉薇さん、覚えていますか、山口の中原です」と挨拶されました。受け取ったお手紙には2年前に難病になり、玄米菜食で闘病中とのこと、「この度はどうしても、この目で、この耳で劉薇さんに会い、音楽を聴き、確かめたい気持ちで上京してきました」とありました。

2008年山口県長門市でコンサートした際にお会いした方で、その後、後援会会員としても演奏活動を応援してくださった。

お返事の手紙で小雑誌をいただき、病気を通しての気持ちや共通して感じることなど、互いに書きました。わたしの演奏さえきけば、きっとパワーを全身で感じ取り、元気になっていけるとのことでした。そして、これからは本当の健康と幸福を求めて頑張っていくと書いてありました。わたしの本にあることを自分の行う自然治療の基本と共通し、驚いているとのこと。わたしが独自の食事法を見つけて道を開いているなど、だから自分にも可能性があって、やっていける気持ちを書いてくださいました。

こんなにも喜んでいる方がいて、わたしも大変感動しました。それは絶対に道はあるよと信じてやってきたこの10年は、やはり道はあったことを証明しているように思えてなりません。

この方に書いた手紙をこのまま公開させてください。
_____________________________
中原様: この度、東京まで11月12日オペラシテイーでの演奏を聞きにいらしていただきましたこと、心より深く感謝を申し上げます。本当にわずかな会話しかできなかったこと、心残りです。お手紙やコンサートのお祝い金を頂戴し、恐縮しています。ありがとうございました。 中原さんのお手紙を読んで、難病で自然治療を試み、体を癒されていることを知りました。2年の間はさまざまな日々があったことを想像できます。人間は生身の体でもって年月や生きる周りの環境とともに、変化をしながら生きています。それが人生なのかなあといまは思っています。わたしもどうして人間は病気をかかる人とかからない人がいるのかを追求して考えます。この体でもって遺伝子的に、また、現代人は特に病身をかがえる環境になってしまっていることも原因で、人間は病気になるのです、との結論に至っています。しかし、体を癒すことで、特に食事や考え、心を鍛えることで、すべてが好転もします。癒せば、また鍛えれば、鍛えるほど答えも見えてきます。そんなような気もしてきています。人生はなに一つ無駄なことはないと言います。わたしもいまは人生の修練の途中なのかなあと思っています。幸い音楽や食事、人々に何かを役に立てることはないかと日々考えているので気がまぎれて、悩むことも少なくなり、現在はこのように救われています。つまり、人生の目的に到達するために事が起るのかなあと自己理解しています。 中原さんもさまざまなことを取り組んできている人生と思いますので、きっと癒すことでなにかが絶対に見えてくるとわたしは思いますので、引き続き一緒に頑張りましょう。わたしの2冊目の本にあるようにいろんな試みをしました、それが現在の結果であり、わたしを強気にしてくれる根拠でもあります。 山口、長門コンサートの中心の若月さん、福田さんにもお会いしたいし、俵山温泉に滞在しながらお食事会やお話し会、またはお料理会でもと思い、来年はいけるチャンスを作りたいですね。中原さんは上京される機会があるかもしれませんとありましたので、ぜひいらしてください。

 IMG_2368

 光陰矢のごとし、早いもので人生の半分以上を日本で過ごしました。日本の方々と関わった数々の感動のドラマがありました。

 

最初の10年は、言葉の壁や人民元と日本円の価値差に翻弄されながらも、辛酸を舐める日々を送りました。音楽留学生としてヴァイオリンの練習もままならず、うなぎ屋で働き東京での生計を立てるために奮闘しました。思いがけない日本の方々の優しさと一方ならぬご好意やお力添えによって何とか苦境を切り抜けることができました。

 

 

 次の10年は、東京芸術大学の博士学位論文完成を目指し、学業と子育てを両立しました。すばらしい先生方のご指導も得られ、得難い音楽博士の学位をいただくことができました。またこの間、中国を追われてアメリカに亡命、その後客死した大作曲家馬思聡のヴァイオリン作品に携わり、それを広く紹介する機会に恵まれました。さらに、日本の作曲家である矢代秋雄、尾崎宗吉、貴志康一、助川敏弥の作品を発掘し、初演の機会もいただき、この上ない幸せを感じました。

 

 最近の10年は、演奏活動も順調な中、思いもよらず腎不全と診断され、人工透析や移植を宣告されたことに大きいなショックを受けました。心が乱れ、ヴァイオリンの音は、輝きを失いました。そんなどん底の時、ベートーヴェンの生き様や音楽によって精神が喚起させられました。ベートーヴェンは、人生のどん底を味わったのちに、世界の万人を歓喜させる音楽を作曲したからです。わが身に起こったことが些細なことに思えて、その音楽の波動に励まされ、限界を越えてみせる勇気が湧き、その音楽を生きる糧にしました。ベートーヴェンの運命を切り開く精神世界に触れることは、音楽家として、さらなるステージへの復活を意味することだと思い、自らを奮いたたせました。食事療法の実践、生き方の検証、病気改善を音楽家劉薇の人生テーマとして真摯に向き合い努力しました。その結果、病気を通じて多くの気づきを得ることができました。私は人々の心を感動する温かい音楽を表現するために、貴重な病気体験をさせてくれたと信じてやみません。

 昨年、その病気体験をまとめ、本を出版しました。この本は日本の病気で苦しんでいる人たちへの恩返しになればと思っています。これからもたゆまぬ努力をかさね、生きる証人となり、多くの方々の心に響く音楽を届けていきます。

 いまも舞台で演奏できる自分がここにいる事実に深く感謝して、前へ、前へ、前へと進みたい!

 

 

 

 

            

11月12日のベートーヴェンの音楽に励まされて〜が終了して、初めて自分に合格サインを出したと父に話しました。コンサートの2週間前に練習していて、わたしを支え温めてきたベートーヴエンソナタ、弾き甲斐のある作品の解釈をなにかうまくいくような気がしました。コンサート、うまくいくと感じて楽しくなってきました。

2011年以来持病に透析や移植の話しが出てから、みなさまにはご心配ばかりかけてきました。
最近、お医者様より「寛解」(つまり、数値が悪くてもこのままいけるのではとのこと)の言葉をいただきました。いい加減に病気とさよならしたい、コンサートで「復活宣言」でもして、けじめをつけたいと考えた。「わたしは大丈夫」と自分に言い聞かせたい一心です。オペラシテイーリサイタルのチラシが印刷直前に「復活」というキャッチコピーを入れた。そろそろ報告として。。。。


世界中にポッブス音楽に走る傾向の中、純クラシック音楽のベートーヴェンをこんなにも喜んでいただけこと、本当にすごいことだと改めて思いました。舞台で演奏していて、みなさん、必死にベートーヴェンを理解した空気がわたしにもわかって、さらに音楽をよいものにしょうとさせてくれました。結論として確信したのは、ジャンル関係なくいい音楽であればだれでも受け取れる、ということです。音楽の力、芸術はどこまでも深くて無限の可能性があるということです。残念なのはリサイタルホールは紀尾井ホールや浜離宮朝日ホールを超えらないことです。

14日。コンサート終了して2日目、完全ダウンです。朝からセラピストによる数時間のセラピー、いまようやく起きれました。全身痛いです。このハイ状態からいかにクールダウンできるか、時間とともに消えていてのを待つしかないでしょう。

15日。コンサートから3日が経ちました、この三日間はなにをしていたのでしょうか。普通コンサートの三日前はいろいろできる時間でたくさんこなせるのに。
山に向かってゆっくり上がって、そして下山はあっという間に。つまり、テンションをゆっくりあげて、クールダウンは早く、という訳にはいかずのようです。昨日は撮っていただいた12日コンサートのビデオを届けてくれたので、一回見ながら、検証しました。結論、ライブは最高だろうが、CDにするには撮り直しね、とのこと。

そこで、登山家は登るだけが目的ではなく、下山で命を落とすケースが多いと。そして、下山後に日程をいっぱい入れて次の目標を持つ、との話しを聞かされました。いいタイミングでいい話しを聞けたなあ、ここでまた救われたのかもしれない。有り難い。(安全に下山するまでは登山ともいう)

さて、次の目標、前へ、前へ。
IMG_2245

IMG_1823IMG_1824

食事制限という言葉はわたしは好きではない。ずっと考えてきた、なにかよい表現はないのか?

むしろ、あなたのおばあさんの食べ物がいいのよ、田舎の食事を体験してとか、粗食がいいよとか。
こちらのほうがイメージしやすい、受け入れられるのではないでしょうか。
一番この表現にぴったりなのは「伝統食に近づこう」というアドヴァイスや書き方が受け入れられるかなと思う。

所詮、世の中、現代人の食事は、華やかで、味はどうにか、こうにかできるにしても、その食べ物本来の味はもうわからない舌になっている。やたらに添加物やうまみ成分の調味料で味付けしているから、舌が麻痺して、本当の美味しさはわからなくなっているのではないでしょうか。

学問ぽい、理屈ぽい言葉や文字にとらわれて、 制限食は悪いイメージ、まずいイメージ、です。もしこの言葉使うのであれば、世の中の人全員制限しなければならない、それは、現代人の食べ方はいき過ぎているから、制限する時期がきたのではとさえ思うのです。

世界中の食事事情はおかしいと気づく課題でさまざまな取り組みはありますが、わたしたち、いま一度食の原点に立ち返ってみる時がきたと思います。とくに未病の方へ一言いいたい、未病だからいまからが大事です。現代病の大半は食べ過ぎからです。今日はここで終わりにします。

 

IMG_1460

チョン・キンファ。
わたしの学生時代を思い出します。
憧れたヴァイオリニストの演奏を生でサントリーホールで聴きました。
磨かれた知的なスタイル、というか、進化し続けた彼女の演奏は強烈な印象を受けた。どこまでも彼女の音楽的感性の秀逸な演奏を示してくれたことに接した。
一度は指の故障で舞台に立つことできなかったが、克服してのことなのでしょうか。時代と共に進化していることをしみじみ感じさせた演奏であった。70歳近い彼女の年齢を微じんにも感じさせない音のパワーと精力に満ち溢れ、きりっとした彼女の顔たちは、学生時代に見たレコードの表紙と変わらないほど、様相を維持できていました、日々の努力や芸を磨くことで培われた人生観にも接した演奏であった。

音大時代はひたすらチョン・キンファの音を真似して演奏した時期のこと、特にエルガーの「愛の挨拶」を聞き直しては、弾きなおしの繰り返しでした。

サントリーでのリサイタルはオールベートーヴエンのヴァイオリンソナタ。特に7番のクロイツエルソナタとウェーベルンのヴァイオリンとピアノのための4つの小品は素晴らしい。東京にいるからこそ、生演奏を聞けたのではと思う。尊敬する女流ヴァイオリニストイダ・ヘンデルのように人生現役で演奏を続けてほしい。

↑このページのトップヘ